ASRock ALive NF6G

| コメント(4) | トラックバック(0)

ASRock ALive NF6G-DVI
nVidia NF6100-430を搭載したASRockのSocket AM2ボードです。
標準でDVI-D出力を持ちデュアル・ディスプレイが可能なのが特徴

Fab51: ASRock ALive NF6G-DVI

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fab51.com/mt/mt-tb.cgi/5

コメント(4)

「ASRock ALive NF6G-DVI」の写真アップありがとうございました。
詳細が見れて嬉しいです。ちなみにこのシリーズの754版とも言えるマザーで
「K8NF6G-VSTA 」を入手して動作させましたが、一つ気になる事があります。
もしかしたら、ita様の入手されたマザーにも関係ありそうです。
1、内蔵VGAのシェアメモリ設定ではPCIを選ぶと256MB設定できますが、ONBOARDを
 選ぶと、64MBまでしか設定できない。
2、CPUFANのコントロールする機能がありますが、4PINのコネクタでないと制御できない?
  FANの回転数では無くてCPUの温度で制御のようでした。しかもコントロールするPINは一番端
  になっていますので、通常のFANではコントロールできないかもしれません。
後はAM2との違いがあるので不明な点が多いですので判りません。

X2 4600+のマシンは現在HDの固定にとまどっています。
3000+(AKK4BX)はマザーが入手できたのでこちらも色々と検証中ですが
Turion並みに動きそうなので、安い(Sempronから見ればですが)割りには面白いCPUのようです。

K8NF6G-VSTAはワンチップの NF6100-405でしたね。
> 内蔵VGAのシェアメモリ設定
シェアメモリはOnboardのVGAに対する設定ですよね、「PCIを選ぶ」の意味は?

>CPUFANのコントロール
ALive NF6G-DVIも4PINです、4ピンのCPU ファンの件は、どうせ持っていないので気にしませんでしたが今回調べてみてすっきりしました。Asrockのマニュアルによれば、4ピンCPU fan(Quiet Fan)をサポートするが、3ピンCPU fanも使える。だだし3ピンCPU ファンのスピード制御はできないようです。

>だだし3ピンCPU ファンのスピード制御はできない
了解です。よく読めば良かったですね。

>「PCIを選ぶ」の意味は?
判りません・・・。C-Mosクリアー状態(デフォルト)での設定と言うことです。
PCI-EかONBOARDかPCIの三種類を選ぶようになっていますが・・・不明です。

コンデンサーはALive NF6G-DVIと同じ様に何種類かのメーカーとなっていまして概ね同じようです。もちろんOSTもありました。

4ピンのCPU ファン
Cepstrumという会社の電子工作/PWMファンコントローラによれば
3pinファン用の回路と4pin CPUファン用の回路の相違はファンのドライブ用パワーMOS FETの有無です. 4pin CPUファンにはドライバが内蔵されているので,パワーMOS FETを使わずにPICのPWM出力をファンの制御信号入力に接続しています.
と書かれていたので、4pin CPUファンは3pinファンにスピードコントロール入力が追加されている、ということのようです。この4pinファンのスピードコントロール機能を使うため、3ピンファンでは速度を変えられないわけです。

K8NF6G-VSTAもALive NF6G-DVIもほぼ同じチップセットですから、
設定は似ているかもしれませんね、組んだ時に確かめてみます。

INFO

2006年11月27日 作成:ita

日付順:前の記事は
blog.fab51

日付順:次の記事は
コメントの投稿について

最近の記事:インデックスページ
記事の一覧:アーカイブページ

アーカイブ

ウェブページ

  • .