S SHARP カード電卓

SHARP ELSI MATE EL-8152

SHARP EL-8152

これまでに買った電卓はSHARP製が一番多く、次はCanon。その中でもこの電卓が一番美しく、SHARP はここまで作れるのかと感心したものです。(SHARP、1979年)

大きさはだいたいタバコの箱くらいで、本体はステンレスを使用。厚みは1.6mmの超薄型カード電卓です。ただし、この厚さはキー裏の場合で、液晶裏の部分は3mmくらいありました。文字はすべて印刷ではなくエッチングのような加工になっています。 この製品のデザインは、SHARP総合デザイン本部: 江崎哲氏、協力: 小林善明氏 となっていました。SHARPはたまに非常にユニークな製品を出してくれますね。

製品: ELSI MATE EL-8152
サイズ: 54mm X 96mm、厚さ1.6mm
重量: 36g
価格: 7,900円
構造: フィルムキャリア方式LSI(1個)

この電卓を復刻して大型液晶テレビの販売促進用に使う企画はいかがでしょう!> SHARP 御中

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fab51.com/mt/mt-tb.cgi/35

コメント(11)

薄い電卓は持ち運びに邪魔にならなくて良いのですが
今は携帯電話で計算したりしています・・・・おっといけない、暗算暗算!
1円なり~2円なり~ そろばんしなくては・・・・(笑

メールにてADA3000AKK4BX&K8NF6G-VSTAを使ったPCのレポートを
送りました。よろしくお願い致します。

メール受け取りました。
またしても、おもしろい形のケースを探してきましたね。

今日、ディスカウントショップで新品箱入りで買ってきました。
なんと、480円です。

検索して、このブログに出会いました。
一目見て、素敵な電卓と思い、即買いしてきました。
これからボタン電池を探さなければなりません。LR1120でOKとのことでしたが。

ボタン電池、LR1120でOKでした。

30年近く前の商品でしたが、とてもきれいで不具合ありませんでした。
革製のケースも付いていましたよ!

また、グッドデザインマークのシールが貼ってありました。
なるほどと思わせる、良い電卓ですね。

なんと新品で入手ですか〜、驚きました。
写真で見る以上に美しいでしょう。この当時はカード電卓というカテゴリーが流行っていまして、各社でどこまで薄くできるか競っていた時代です。
私のEL-8152は買ってまもなく、少し液晶に表示不良が起きてしまい、ほとんど使わぬまま保管しておりました。もし、複数個売られていたのなら私も買いたいところです、1つだけでしたか?。

10コぐらい山になって売っていました。しかし、もう売り切れているかもしれませんね。
今度、また行ってみて残っているようでしたら、買ってまいりますが。

どこかに眠っていたんでしょうね〜不思議です。
もし残っていたら、お手数ですが、お願いできますか
せっかくですから、あれば3、4個

一度メールをいただけますか

まだたくさん残ってました!
今日のお昼休みにバイクを走らせ、買ってきましたよ。

ご連絡下さい。お待ちしております。

初対面の方に勝手なお願いをしてしまいましたが、ありがとうございます。感謝しています。
また機会があればここを覗いてみてください。メールで連絡を差し上げました。

こんにちは。はじめまして。
ふと思い立って自分の愛用の電卓の型番でググってこちらにたどり着きました。
79年発売だったのですね。
私の場合、新し物好きの父が買ってきたものを、同じく(当時は、、、)新し物
好きだった私が譲り受けて、喜んで使っていました。
こんなに薄くてしかもデザインの良い電卓にはそれ以来20ウン年めぐり合って
おらず、今でも、職場の机で、ちょっと計算が必要な時に取り出して使っています。
ディスカウントストアで売っていたというお話もビックリですが、このデザイン性ならば
復刻版として発売しても十分世の中に受け入れられるように思います。
私のは後何年壊れずに使えるか分かりませんが、大事に使っていきたいと思います。
とりとめのないコメントですみません、記事を読んでついうれしくなってコメントしました。

使っている方がいましたね〜
買った当時、薄さより、この表面の仕上げの美しさに感動しました。
実用上はキーの大きなプラスチックの電卓のほうが優れているかもしれませんが、
リファインして発売されたとすれば、新鮮に思う方も少なくないと思います。
このデザインを担当された江崎 哲(Esaki Akira)氏は現在何をされているのかと調べてみたら、
広島大学 大学院教育学研究科の教授をされているようです。広島大学

INFO

2007年1月 6日 作成:ita

日付順:前の記事は
R RoHS指令

日付順:次の記事は
ハイブリッドHDD技術

最近の記事:インデックスページ
記事の一覧:アーカイブページ

アーカイブ

ウェブページ

  • .