細工鋸 レザーソー

| トラックバック(0)

GYOKUCHO RAZORSAW 0.3mm

写真は板の途中まで切ったところです。使っているノコギリはRAZORSAW(レザーソー A型)という細工用鋸で鋸刃の厚みは0.3mm、 鋸で切り込まれた溝の幅は約0.5mmあります。あらかじめカッターで引いた線の右側を切り進めていますが、精度良く切れているのがわかると思います。 今回の改装で、大きな板材や合板は、ある程度ホームセンターの立体パネルソーでカットしましたが、現場合わせには、この手ノコが活躍しました。私はこれがないと精度良く作業ができる気がしません。

kaisou-razorsaw1.jpg

この鋸は板材や合板用です。一応、アクリルやエンビなどの樹脂も切れますから便利に使えます。しかし、デリケートな刃なので無理をすると刃先をいためてしまいます。 この鋸は気に入っているため十数年使っていますが、替刃は確か3枚目だったような...。

kaisou-razorsaw2.jpg

レザーソー

レザーソーで他に持っている鋸は2種類あり、あまり出番はありません。どれにもGYOKUCHO(ギョクチョウ)という文字とマークが入っています。なんだろうと前から思っていましたが、調べてみると総販売元が玉鳥産業となっていました。写真で上から順に

  • 竹挽鋸
  • プロトンパワーソー 江戸目、0.6mm厚、切り幅1mm
  • レザーソー A型、0.3mm厚、切り幅0.5mm

替刃式の細工鋸, パネルソー

細工用鋸は普通のノコより刃の厚みが薄いため、あまり力を入れなくても切れ、切るのが楽しくなります。 私がよく見かける替刃式の鋸は、レザーソーよりも替刃の脱着が早いゼットソーです。このメーカーにも同様な細工鋸があり、どちらのメーカーも定価で3000円〜4000円くらい、実売では2500円くらいから。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fab51.com/mt/mt-tb.cgi/92

INFO

2007年9月21日 作成:ita

日付順:前の記事は
DDR2メモリの価格 07/09

日付順:次の記事は
レーザー付 水平器

最近の記事:インデックスページ
記事の一覧:アーカイブページ

アーカイブ

ウェブページ

  • .