1G-bit DRAMの製造コスト

| トラックバック(0)

メモリチップのスポット価格は反転したが

メモリチップのスポット価格は、2008年12月初めに平均単価0.64ドルで底を打ち、1/24日現在0.94ドルへと回復。最安値から約50%上がったことになる。それでも、まだまだ安い。これがどう安いのか「後藤弘茂のWeekly海外ニュース」で書かれているのでざっと紹介します。

1G-bit DRAMの製造コストは3ドル前後

1G-bit DRAMの製造コストはDRAMeXchangeの試算では、1チップ当たり2.7〜3.1ドルとしている。仮に減価償却費を無視したとしても、DDR2 1G-bit品のコストは1.35〜1.6ドルであり、現在の1ドル程度の価格ではやって行けないことになり、恐ろしいほど採算ラインを割っている。

12インチウェハFabで70nmプロセスのDDR2 1G-bit品を製造する場合、DRAMeXchangeの試算では、1チップ当たり2.7〜3.1ドルのコストがかかるという。内訳は2.2〜2.6ドルがダイコスト、20〜30セントがパッケージコスト、20〜35セントがテストコストとなっている。 半導体Fabの投資金額は極めて大きいため、実際にはこのコストの半分程度(DRAMeXchangeの試算では12インチウェハFabの場合、1G-bit品で50〜55%)が減価償却だという。50%台より小さいと指摘する声もあるが、減価償却が大きな割合を占めていることは間違いがない。

後藤弘茂のWeekly海外ニュース 09/01/21

DDR3への本格移行は結局2010年?

この状況で、何がまずいかというと、DRAMの技術面での進歩が足踏みに入り、その結果DDR3移行には消極的 とならざるおえないこと。

DRAMベンダーは、現在の安値を乗り切ることに青息吐息で、今は余計な設備投資が一切できない状況にある。DRAMベンダーとしては、赤字だけど作り続けているDDR2を、プロセス移行でシュリンクしてさらにコストを下げる以上のことをしたくない。DDR3への移行で、エクストラの投資をしたくないというのが本音だと言われる。

後藤弘茂のWeekly海外ニュース 09/01/21

過去のメモリのスポット価格の変動データ

DDR2-800(1Gbit DRAM, 128Mbit x 8)スポット価格推移

  • 2008 09月(1 - 30 )25%低下
  • 2008 10月(1 - 31 )16%低下
  • 2008 11月(1 - 30 )33%低下(3ヶ月間トータルで58%の価格低下)
  • 2008 12月(1 - 31 )25%上昇
  • 2009 01月(1 - 24 )17%上昇

メモリのスポット価格推移 (DRAM eXChange)

  • dramex081130.jpg
  • DRAM eXChange DDR2-800メモリ価格推移 01/24
  • 今、現在のDDR2スポット価格は、下の2GBモジュール向けのリンクを見てください。
  • 2GBモジュール向け1Gbit DRAM

メモリモジュールの価格 調査

  • 価格比較 [ベストゲート] DDR2-800 2GB メモリモジュール(11/30最安値)
  • バルク2GB PC2-6400 2GB (1,470円)
  • Team (ELITE)2GB Team DDR2 SDRAM (1,690円)
  • Transcend 2GB JM800QLU-2G (1,960円)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fab51.com/mt/mt-tb.cgi/219

INFO

2009年1月24日 作成:ita

日付順:前の記事は
Athlon X2(Kuma) 95W

日付順:次の記事は
キマンダ社が破産申請

最近の記事:インデックスページ
記事の一覧:アーカイブページ

アーカイブ

ウェブページ

  • .